金型技術の紹介about technology

レーザー溶接技術

レーザー溶接により、細部の溶接やピンホールの修正も可能です。
高い技術力を持った担当者(社内検定合格者)が作業致します。
北辰金型工業所のレーザー溶接技術でピンホールの補正も可能です

鏡面磨き

当社の磨き技術は鏡面磨きを必要とするシビアな要求に応えます。透明物や光物等において高い品質を提供致します。

深堀り加工、落差物加工

急激な変化、落差のある製品形状にも充実対応。
深堀修正もお受け致します。

BMC金型

熱硬化性樹脂の一種で、成型は金型を使用して加熱加圧・圧縮成形による。当社はこのBMC樹脂金型の製造も行っております。
※成形は行っておりません。
来を歩くWalk in the future

特許の取得patent acquisition

背景技術と従来の課題

今までの技術ではスライドコアに型板と同じような冷却を設けられないと、型板とスライドコアの間に温度差が生じてしまう問題がありました。
スライドコアに水路を形成したとしてもスライドコアはアンダーカット箇所に出し入れする可動式の為、構造は複雑になり小型化しにくく、比較的小型形状なスライドコアには採用しにくい。
一方、スライドコアに水冷に代えて空冷を採用することが考えられるが、空冷の場合、水冷よりも冷却能力が低く、クーラー等冷却媒体設備が必要になってくる。
解決しようとする問題点は、金型の内部に圧縮空気の冷却技術を用い金型冷却用通路に流す気体温度をクーラーを利用しないで下げることで、冷却能力を向上する点である。

圧縮期待の金属部品冷却方法

プラスチック樹脂の成形品を成形する金型の内部に圧縮気体の金型冷却用通路をスライドコアの内部に設置する。圧縮気体を膨張させる事で気体の温度を下げ、この低温の気体を金型冷却用通路に通過させる事でスライドコア部品との熱交換を行う冷却方法。
この方法を用いることによって、可動部品や小型部品でも冷却を設置することが出来、クーラー等の冷却装置を利用しなくても金型部品を冷却する事が出来ます。
さらに、無駄の無い様に成形品を取出し時、成形時に型閉検知手段のON/OFFスイッチから制御装置を介して、空気自動開閉弁がON/OFFする仕組になっています。

更なるチャレンジchallenge to technology

冷却を設置しにくい狭部

従来は狭部は細い水管冷却を上げるか、ヒートパイプ(熱交換棒)などを設置していました。しかし、水管冷却は水管を細くする為、流量が変わり全体の流れにも影響が出ます。ヒートパイプ等も結局水冷却の一部ですので製品側になかなか近づける事は難しく、それほど製品形状近くに設置出来ません。
”圧縮気体の金型部品冷却方法”の理論を用いれば、どんな狭部もレイアウト次第で設置できると考えています。たとえ金型トラブルで破損したとしても気体ですので重大な事にはならず、修正も容易です。
また、熱伝導率の良い材質(銅等)を用いれば、更に冷却効率を上げる事が期待できます。

現在、北辰金型ではこの理論をスライドコアだけでなく、今まで冷却のレイアウトできなかった狭部にも応用できるよう検証中です。